1960年代 Fender Coronado2

  • 2013.01.10 Thursday
  • 13:31


Fender Coronado2

私の”フェンダーのコロナド・ツー”が 2週間の入院決定です。

coronado2

1960年代、フェンダー社が初めて世に出したセミ・アコースティックのギターで、

Fenderとしては異質な楽器でした・・・ 当時から好みが分かれるギターで、

ストラトのように圧倒的に支持されるものではなかったと思います。

しかし、私は このビジュアルも音も 大好きです。

これの開発には たしか・・リッケンバッカーのビルダーが関わってたはずで、

こころなしか・・リッケンな音を感じるのは 思い込みでしょうか?

エフ・ホールの長さや ボディーのシルエットも どこかヨーロッパ的な

ニュアンスも感じます・・ これも きっと 思い込み・・

そしてこの個体にもストーリーがあって・・

私はファースト・オーナーでは有りませんが、これが日本に来てからの

おおまかな歴史は リアルタイムで知っています、

私が学生だったころ 市内に一軒だけ出来た”ロックバンドのライブハウス”の

憧れのハウスバンドが 使っていた楽器です。

そして もうかれこれ30年近く前に 縁あって私の手元に来て以来 

単なる一台の楽器以上のものになっています。

今は なんでもある時代ですが、こと楽器、音楽、デザイン、等・・は

60年代がルネサンスだったと思います、

その意味で 私たちの世代は すばらしい歴史の展開をリアルタイムで

体感できた 幸せな世代だと考えています。

そして今回、ようやくリペアすることとしました、 きっちり蘇って来るのが 

愉しみです。


スポンサーサイト

  • 2018.08.25 Saturday
  • 13:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    いつ仕上がるんですか?
    • M.Terada
    • 2013/01/11 11:40 AM
    今月 末 までには仕上がるらしいです・・ たのしみです。
    • GNOME Imamura
    • 2013/01/11 12:37 PM
    写真のバックが楽器屋さんじゃなくて釣り具屋さんに見えてしまうのは、なぜなんでしょうか?
    • LEO
    • 2013/02/24 3:49 PM
    ん〜〜ん、 たしかに・・
    ノリは 釣り具やさんと 同じです、後ろの彼がオーナーであり、ギター・ビルダーでもある人なんです。 あなたほどじゃないけど私も趣味がいろいろでして・・
    ところで、今 何処? ミラノ?
    • mamuu
    • 2013/02/24 5:29 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM