六月の渓流 FlyFhishing

  • 2013.06.06 Thursday
  • 12:16


トンボの羽化

直後

tonbo

ヤゴの状態で水中から岩に這い上がり

脱皮して 直立していた羽根を 広げた瞬間!

足下に 抜け殻が・・・(私も脱皮したい!)

餓死せず、魚に食べられず、ここまで生き延びただけでも 大変だったはず、

運良く生き延びて「生まれて来た目的」繁殖までたどり着けるのか・・

次は 鳥に補食されないようにしなければならない・・

ん〜〜〜ん、ガンバレ! トンボ!

とか、センチなことを 思いつつも・・

「魚は・・どこに付いているだろう・・」

と補食者となって 流れを見渡している・・

(なんたる矛盾!・・)

tedori

ここのポイントでの釣果は いまいちだったが・・

次の川が 凄かった!!


iwanaiwana2

こんな ”プリップリ”岩魚や、

amago

こんな”ピッカピカ”のヤマメが混成で ボコボコ出てくれた・・

やはり、六月! 活性が「グン!」 と上がって来た感じだ。

いまから梅雨明け過ぎくらいまでが 我々FlyFishierManにとって

最高の季節となる。

この場所、この時、この魚、「まさに一期一会」

スポンサーサイト

  • 2018.01.19 Friday
  • 12:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM